大阪のパソコン回収・不用品回収ならMRサービス |
大阪・東大阪 他大阪府全域対応

06-6784-1555

06-6784-1800

受付時間 9:00-17:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

新着情報

2018年07月2日

【古いパソコンの処分をお考えの方へ!】処分の際に注意するべき点!

古いパソコンを処分する際の注意点

パソコン内の重要なデータを媒体への移行や保存はできていますか

新しい高機能なパソコンに替えたい、古くなったから捨てたい、事務所の引っ越しなどで不用になるなどパソコンの処分を考える方も多いのではないでしょうか。その場合、必ずしておきたいことが、データの移行やバックアップです。

最近はクラウドサービスを利用する方も増え、パソコン上にはデータを保管せず、インターネットに繋がればいつでもアクセス可能という方もいることでしょう。しかし、クラウドサービスの導入前にパソコン内に保管していたデータをアップロードしていないことや、残されているデータはないでしょうか。

クラウドサービスを利用せず、全てのデータがパソコン上にある方は特に注意が必要です。廃棄してしまえば、その後データを取り戻すことはできません。

また、処分の前後にデータ消去を実行すれば、全てのデータが消えてしまいます。よって、復活やデータ移行は困難となります。定期的にバックアップを取っているという方も、最新のデータを取得しておくようにしましょう。
方法としては、外付けハードディスクやUSBメモリー、ディスクなどへの保存やクラウドサービスの活用なども考えられます。ただし、クラウドサービスの信頼性の問題もあり、万が一ハッキングやパスワードを忘れてしまった際などに備えて、媒体にデータ保存をしておくと安心です。

データの消去でパソコン内の個人情報や企業機密などの流出を防止

データの保存が済んだら、今度はパソコン内からデータの消去を行いましょう。データ内には写真や映像、音声データをはじめ、個人情報や企業機密などが詰まったデータがあります。
そのまま処分すると重要な情報が流出してしまうリスクがあり、ご自身やご家族はもちろんのこと、顧客や取引先の情報が流れてしまって社会的な問題になることや企業機密が流出するなどして、莫大な損失が生じることもあります。
専用のソフトウェアを使用するか、専門業者に依頼して確実に消去してもらいましょう。

データの移行やバックアップなど、自分ではよく分からないというケースもあるかと思います。MRサービスでは、壊れていて初期化ができないパソコンであっても、データ消去が可能です。

パソコンの処分と一緒にデータ消去もすれば便利です

パソコン処分業者の中には、データ消去も併せて対応してくれる業者もあります。同時に依頼ができれば、コストも手間も抑えられるでしょう。データ消去の方法は電磁装置を使うケースや、物理的に破壊するケースなど業者によっても方法が異なります。

方法を確認したうえで、データ消去をした旨の証明書を発行してくれる業者を見つけると安心です。本当に消去してくれたのか不安な方も、証明書の発行により万が一のトラブルを防止できます。

MRサービスでは、データ消去でも物理破壊という方法取っています。また、データ消去の簡易証明書発行もしておりますので、ご自宅や会社で、ご使用のパソコンも安心して回収や処分のご依頼をしていただけます。パソコン処分や回収をお考えの際はぜひ一度お問い合わせください。

パソコンの回収料金が気になる方はこちら!

  • この記事の筆者mrservice
  • お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加