大阪のパソコン無料回収・処分、不用品回収ならMRサービス
(大阪市 他大阪府全域対応)

06-4301-4429

06-4301-4439

受付時間 9:00-17:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

コラム

2021年08月22日

パソコンプリンターは何ゴミ?業者に回収してもらえるのか?

現代社会は、働き方改革や感染症対策によってリモートワークが推進されています。そのため、パソコンプリンターの需要が高まっており、企業だけでなく個人で使用している方も多いです。

このように身近なパソコンプリンターですが、寿命が3年程度といわれており、定期的に買い替えが必要になります。この際、以前使用していたパソコンプリンターは処分しなければなりません。

サイズが比較的大きく、家電製品に分類されるため、何ゴミで処分すればいいのかわからない方も少なくないでしょう。そこで、今回はパソコンプリンターを処分する際の分別や処分方法についてご紹介しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

パソコンプリンターは何ゴミ?

結論からいえば、パソコンプリンターは粗大ごみの扱いとなります。

PCや冷蔵庫、エアコンなどとは異なり、家電リサイクル法対象外の家電製品です。家電リサイクル法対象の家電製品は、専門業者に処分を依頼する必要があります。しかし、パソコンプリンターは対象外になるため、自治体によっては粗大ごみとして処分することも可能です。

しかし、業務用のものに関しては、産業廃棄物扱いになります。そのため、複合機など企業が使用しているオフィス用品については、産業廃棄物収集運搬業許可書を持つ業者に処分を委託しなければならないケースが多いです。

パソコンプリンターを処分する5つの方法

パソコンプリンターを処分する方法は5つです。廃棄を検討している方は、この中から自分に合ったものを選択しましょう。

自治体に回収してもらう

1つ目の方法は、自治体に回収してもらう方法です。

粗大ごみの扱いになるため、多くの自治体では回収を行っています。例えば、大阪府の場合、粗大ごみ収集受付センターで申し込みをすることが可能です。

自治体によっては、回収できるサイズが決められており、その大きさの範囲を超えるものは回収してもらうことができません。また、幅広い大きさに対応している自治体では、サイズによって処理手数料が高くなるため、ほかの処分方法よりも費用が高くなる心配があります。

他人に譲る

2つ目の方法は、他人に譲る方法です。

例えば、店舗の開店を検討しているオーナーや起業家など、身近な人でパソコンプリンターを使ってくれる人がいれば、譲ることができます。また、無料で近所の人に譲ることができるアプリもあるため、もらってくれる人を募ることも可能です。

しかし、パソコンプリンターの中には、電話帳機能が搭載されているものもあります。もし、データを削除せずに他人に譲ってしまうと情報漏えいの危険性があるのです。

特に、企業においては重要な情報を扱うことが頻繁にあります。情報漏えいのリスクから処分方法として選択できない人も多いでしょう。

リサイクルショップに回収してもらう

3つ目の方法は、リサイクルショップに回収してもらう方法です。

リサイクルショップとは、買取業者を意味します。不要なものを買取してくれるため、処分するものによっては利益を獲得することも可能です。

しかし、多くの買取業者が家電製品を回収する場合、製造年月を確認します。もし、購入したときから5年以上経過していると回収を拒否されるケースがほとんどです。

つまり、新しいパソコンプリンターではない場合、回収してくれません。そのため、故障していたり、年季が入っていたりするものは、買取業者に依頼することが難しいでしょう。

フリマアプリを利用する

4つ目は、フリマアプリを利用する方法です。

スマートフォンのアプリを使用して私物を売り買いすることができます。写真を撮影して出品するだけで買ってくれる人を募ることが可能です。

買取業者を利用するときと同様に、売ることができれば、利益になるため魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、フリマアプリを利用する際は、下記のような点に注意する必要があります。

・データを削除していない場合、顧客情報が漏れる危険性がある
・売れ残りのリスクがある
・需要が低い商品は、買い手が見つからない
・配送料が高額になるケースがある

特に、パソコンプリンターはサイズが大きいため、売れたとしても配送料が高額になるケースが多いです。フリマアプリは、配送料が出品者負担になるため、その点は注意しましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

5つ目は、不用品回収業者に回収してもらう方法です。

不用品回収業者は、その名の通り、不用品を回収し処分してくれる業者のことになります。パソコンプリンターを処分するとき、もっともおすすめの方法です。

不用品回収業者は、情報の扱いに慣れており、漏洩する心配がありません。また、出張をして回収してくれるため、手間がかからない点もメリットです。

さらに、料金に関しても比較的安いため、金銭面における負担も少ないでしょう。

パソコンプリンターを処分するならMRサービスにおまかせください!

パソコンプリンターは、家電リサイクル法対象外となるため、粗大ごみで処分することができます。また、処分方法に関してもたくさんあるので、好みのものを選択することができるでしょう。

不用品回収業者を利用してパソコンプリンターを処分するなら、ぜひMRサービスにおまかせください。MRサービスは、不用品回収・不用品買取を行っている有資格の業者です。

まだ使える家電製品に関しては、買取することもできます。MRサービスのメリットは下記の通りです。

・複数台に及ぶPCの無料回収に対応
・有資格なので安心して利用できる
・事務機器の不用品も激安で回収
・他社が対応できないものも柔軟に回収

MRサービスの利用を検討している人は、ぜひ下記のURLからお問い合わせください。プリンター処分に関して専門知識のあるスタッフが丁寧にお応えします!

https://m-r-service.net

  • この記事の筆者admin
  • お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加